RSS
Admin
Archives

鎌倉LittleDunkのブログ

鎌倉市で活動する小学生のバスケットボールチーム 鎌倉リトルダンクの活動模様になります!

プロフィール

Kamakura LittleDunk

Author:Kamakura LittleDunk
鎌倉市で活動している小学生のミニバスケットボールチームです。

体験・見学希望の方はこちらから
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.10
04
Category : Kさん

今日は小学校2年、3年、4年の女の子が体験に来てくれました。
ところが・・・
さぁ、一緒に練習してみよう!という時に・・・
コーチの怒り爆発!!それを見てしまった彼女たちは、ちょっと足がとおのいてしまい・・・体験というほどは一緒にバスケできませんでしたね(^_^;)残念です。

でも、反面、ありのままを見てもらってよかったとも思っています。体験の子を気にして、注意すべきことも流してしまうことは、何より、今いる子どもたちのためになりませんから。

体験のお母さんにもお話ししました。「ダメなことはダメですから、コーチはおこることもあります」って。お母さん方は納得してくださってました。



自分で考えて、自分で動く

要するに

主体性を持って行動する

ことは、とっても苦手なようです。それは、リトルダンクの子どもたちだけでなく、中学生にも言えることのようです。

実は、これができないことがいろんなスポーツで日本がいまいち強くなれない原因だとか。

試合になりました。ボールが自分のところにまわってきました。さてどうするか?こんなとき、コーチや監督の指示を待っていては遅いのです。


みんな、言われたことをそのままやるのは得意なのかもしれません。

練習中でも、「返事は?」と聞くと「はい」と答えます。でも、考えて言った「はい」ではないので、また同じことを繰り返します。

今日も、シュート50本入ったら終わりと言われている練習を、50本超えても延々続けています。

ま、みんなで数えようって言われたのに、数えないから、みんな今何本なのかもわからなかったのかもしれませんね。
シュートが入ったら「ナイッシュー、〇〇本」、失敗しちゃったら「ドンマイ」って、みんなで大きな声で言ってたら、「ナイッシュー、50本」で、「ハイ!おしまい」なのに。


言われたことを、頭の中で考えることも主体性のひとつかもしれませんね。


以前、息子が中学生のころ、小学校の時にバスケ経験もないのにぐんぐんうまくなる後輩のことを話していて、こんなことを言いました。

「あいつはね。言われたことを、頭の中でぐるぐるぐるってめぐらせてちゃんと考えるんだよ。だから、うまくなる!ちっともうまくならないやつは、言われたことを、右の耳から左の耳へ通すだけ。頭の中で考えないんだ。」

さて、この後輩ってだ~れだ?みんなも知ってる人ですよ(^_-)-☆

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント